web analytics

インターネットで調べると、関節の痛み対策として、グルコサミンを薦めるサイトにたくさん出くわすことでしょう。いくつかのサイトでは腱の痛みのためにもこのサプリメントを薦めているケースがあります。しかし、グルコサミンは腱の問題に本当に有効なのでしょうか?

グルコサミンにはたくさんのメリットがあります。安い。入手しやすい。体に吸収されやすい。そして、アスピリンやイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症薬に比べて、副作用が少ないことです。

痛みを緩和する効果は非ステロイド系抗炎症薬より長く続きます(たとえ、即効性がなくても)。さらには、他のいくつかのサプリメントと違って、何千もの被験者と臨床の場で幅広く研究されてきました。アメリカでは年間10億ドル以上の売り上げがあり、多くの人々が何らかの効果があると考えています。これについて、もう少し正確に見ていきましょう。

関節は主に軟骨から出来ています。そして、グルコサミンは軟骨の生成に有効であるという科学的な研究が数多くあります。正確なメカニズムははっきりと理解されていませんが、グルコサミンを摂取することは関節を治療するのに役立つようです。なぜなら、グルコサミンの摂取により軟骨の生成速度が上がるからです。年齢とともに生成速度は下がりますので、特にお年寄りには効果が高いです。

さらには、ある研究によると、グルコサミンはコンドロチンともに、あるいはMSM(メチルスルフォニルメタン)のような他の天然の成分と一緒になるとより高い効果が得られるようです。特に変形性関節症には効果が高いようです。そして、医学的なケーススタディでも実際に効果があることが分かっています。

では、腱鞘炎に対しても、効果があるのでしょうか?腱は骨と筋肉をつないでいて、そして、関節の近くにあるので、腱自体も軟骨でできていると思いがちです。しかし、この考えは間違っています。腱と関節は違うものです。腱には血管がありますが、軟骨にはなく、腱は繊維状のコラーゲンから出来ています。そして、グルコサミン、コンドロチン、MSMがコラーゲンの生成に何らかの効果があるいという証拠は全く存在しません。

従って、もし、あなたが腱の痛みに対して、解決方法を探しているときに、グルコサミン(コンドロチンそして、あるいはMSMと一緒に)のサプリメントを売ろうとするサイトに出くわしたら、他を探した方が良いでしょう。

ずばり言えば、軟骨の生成を促すサプリメントがコラーゲンも治療するようなことを言っているサイトは何も理解していないということです。もし、より良いサプリメントを摂取したければ、リペアゴールドのような、COX[シクロオキシゲナーゼ]活性阻害剤を入手すべきです。栄養戦略としては、あなたが何を食べているかを検証し、オメガ6脂肪酸を取りすぎないことです。

もし、腱の痛みに悩んでいるのでしたら、いくつかお薦めがありますので、安心してください。ひとつには、私のブログです(現在は英語のみです)。腱の痛みの問題に立つ情報をたくさん載せています。もし、長期的な腱の問題に効果がある治療方法をお求めでしたら、「自分でできる腱鞘炎・腱症・腱炎の完全治療プログラム」を試してみてください。60日間の返金保証がありますので、リスクなしにお試しいただけます。

その他、役に立つ記事を以下リンクでご紹介しています。

■ メントールは腱の痛みに有効か?

■ 腱鞘炎にカプサイシンは効くか?